現場レポート

2020年12月29日更新

豊田市 屋根工事 屋根カバー工法(重ね葺き工事) コロニアルからガルバリウム鋼板(横葺き)へ

豊田市 屋根工事 屋根カバー工法(重ね葺き工事) コロニアルからガルバリウム鋼板(横葺き)へ (3)-min

豊田市にて、屋根工事のご報告です!

 

今回は、コロニアルからガルバリウム鋼板(横葺き)への屋根カバー工法をご紹介します!

事業内容・工事メニュー > 屋根カバー工法(重ね葺き工事)」については、こちらのページです。

 

こちらのお宅は隣のお宅との距離が近かったので、足場を組む際は十分注意して組み立てました。

隣との距離が狭い場合は、狭い用の足場というものもあります。

 

足場設置後、既存の棟板金だけ撤去し、屋根の上から野地板を張ります。

屋根の形状は施工しやすい一般的な寄せ棟です。

野地板の上にルーフィングを張りました。

 

豊田市 屋根工事 屋根カバー工法(重ね葺き工事) コロニアルからガルバリウム鋼板(横葺き)へ (1)-min

 

ルーフィングの上からガルバリウム鋼板を張ります。

この時、最後に棟板金を被せるので、全面にガルバリウム鋼板を張るのではなく、棟に少し間を空けておきます。

そこに棟板金の下地として貫板を張ります。

大棟も隅棟も棟部分は全部です。

「知っておきたいお住まいの各部位の名前」については、こちらのページです。

 

豊田市 屋根工事 屋根カバー工法(重ね葺き工事) コロニアルからガルバリウム鋼板(横葺き)へ (2)-min

 

貫板に棟板金を被せ留めていきます。

写真のTの字のところは先端をYの字に加工し、

棟板金が重なるようにして、更にシーリングで補強します。

 

豊田市 屋根工事 屋根カバー工法(重ね葺き工事) コロニアルからガルバリウム鋼板(横葺き)へ (3)-min

 

下屋の壁との取り合い部分には、雨水の侵入を防ぐ為、

屋根と外壁に沿って雨押えという部材を取り付けます。(雨仕舞いとも呼ばれています。)

 

−N−

 

みよし市、豊田市、日進市、刈谷市、知立市、安城市で、塗装工事、屋根工事のことなら、リフォへお気軽にご相談ください。


愛知県の雨漏り修理、屋根工事他、外装リフォーム専門店
株式会社リフォ
https://rifo-yane.com/
住所:愛知県みよし市三好町西荒田46

お問い合わせ窓口:0561-33-1722
(9:00-18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:みよし市、豊田市、日進市、刈谷市、知立市、安城市

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://rifo-yane.com/case/
お客様の声 https://rifo-yane.com/voice/

★ 屋根工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://rifo-yane.com/inspection/

★屋根工事ってどれくらいかかるの?雨漏りは本当に止められるの?塗装と葺き替え、どっちがいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://rifo-yane.com/contact/


全てはお客様の笑顔のために!

愛知県のお客様の声