屋根工事ブログ

2020年8月26日更新

初めて外壁塗装を行う方へ

こんにちは!

突然ですが、外壁の塗装などをされたことはありますでしょうか??

外壁の塗装は必要ないと感じて行わないお宅もあるのですが、定期的に外壁を塗り替えないと、外壁からの雨水の浸入により雨漏りの原因となってしまったり、湿気で木材部分が腐食してしまい、最悪の場合家が傾くこともあります。

外壁塗装を行わなくても大丈夫と思っている方も多いと思いますが、放置していると悪いことだらけでいいことは一つもありません!!

 

お宅を建ててから約10年以上経過している場合や、最後に塗装してから10年経過している場合は、塗装のタイミングです!

10年経過していないお宅でも塗り替えを検討したほうがいいサインがお家から出ているかもしれません!

 

《チョーキング現象が起こっている。》

このチョーキング現象とは、外壁に触れた時に白い粉のようなものが手に付くことです。

触った時と同じように、水を少しかけた時や、雨の日などに外壁が変色した場合もチョーキング現象を引き起こしています。

塗膜が薄くなっている証拠で、触ったときにうっすら白くなる程度ならまだ大丈夫ですが、完全に手が真っ白になる場合は、雨水が内部に浸入してしまい、各部材を傷めることになるので、早めの塗装が必要です。

 

《コーキングのひび割れがある場合》

外壁材の隙間を埋めているコーキングに亀裂が入っていたり、剥がれたりしている場合も、塗装の時期をお知らせしているサインかもしれません。

放置しておくと雨水の浸入により雨漏りを起こしてしまったり、内部に浸入した水が木材を腐食させたりしてしまう場合もあります。

 

《外壁のクラック(ひび割れ)》

外壁にヒビ割れが入っている場合も、塗装が必要な場合があります。

外壁は紫外線や気温の変化などで、少しずつですが伸び縮みを繰り返しています。

その伸び縮みによりクラックが入ってしまいます。

細かなクラックでも、建物内部に雨水が浸入することもあるので、放置せずに塗装で直しましょう。

 

《外壁が色褪せしている、苔などが生えている》

色褪せはもちろんですが、苔やカビが生えてきた場合も塗装しましょう。

苔やカビは、放置しておくとどんどんと増殖していきます。

苔などが増えていくと、外壁が緑色になってしまい美観も損ねてしまうので、塗装を検討しましょう!

 

以上の異変がお宅で起こっている場合は、外壁の塗り替え時期です!

 

塗装は意外にも必要性を感じないというお宅もあって残念ですが、ご自宅を大切に守っていくうえで塗装はとても大切なので、必ず定期的に行ってください。

 

外壁塗装でご不明な点は、お気軽になんでもご相談ください。


愛知県の雨漏り修理、屋根工事他、外装リフォーム専門店
株式会社リフォ
https://rifo-yane.com/
住所:愛知県みよし市三好町西荒田46

お問い合わせ窓口:0561-33-1722
(9:00-18:00 土日祝も営業中)

対応エリア:みよし市、豊田市、日進市、刈谷市、知立市、安城市

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://rifo-yane.com/case/
お客様の声 https://rifo-yane.com/voice/

★ 屋根工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://rifo-yane.com/inspection/

★屋根工事ってどれくらいかかるの?雨漏りは本当に止められるの?塗装と葺き替え、どっちがいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://rifo-yane.com/contact/


全てはお客様の笑顔のために!

愛知県のお客様の声