天窓工事

天窓からの雨漏りの原因

多くは天窓の寿命!

天窓の寿命は、設置後25~30年

天窓からの雨漏りの原因の多くは天窓の寿命!

天窓の寿命は、屋根の耐久年数と比べると短いケースが多く、たいていは、設置後25~30年で交換が必要となります。さらに、天窓周囲にある防水パッキンの寿命も考える必要があります。それが10~20年程度です。
定期的にメンテナンスをし、防水パッキンの交換を行うことで、全交換とまではいかなくても、元の防水効果が戻る可能性もあります。

築10年以内の建物なら雨漏りかも?

築10年以内の建物であれば雨漏りかも?

築10年以内の建物であれば、防水処理の施工不良による雨漏りの可能性が疑われます。メーカー保証範囲内で無償修理になることもありますが、天窓から雨漏りが始まった場合は、早急に応急処置を行う必要があります。また、築年数による屋根の劣化状態や屋根下の下地の劣化状態により、天窓が原因でない場合もあるのです。
雨漏りが起きたら、お気軽にご相談下さい。応急処理をしたうえで、今後の修理方法をご提案させていただきます。

築10年過ぎたら、一度点検をお勧めしています。
一級技能士による屋根・外壁0円診断

一棟一棟、状況によって費用は異なりますので、詳細についてはお見積り致します。
屋根外壁0円点検・無料見積りをご利用下さい。

全てはお客様の笑顔のために!

愛知県のお客様の声